審美歯科


セラミックス修復

天然の歯と同じような透明感のある白を再現でき、外見からはまず歯を治したことが分からないレベルにまで修復することができます。

また、レジン(プラスチック)とは違い、経年的な変形や変色がほぼ起きません。

オールセラミックス修復では、金属を全く使用しませんので、金属アレルギーの心配もありません。

セラミックス修復の症例

オールセラミックスクラウン

< 治療前 >

img

< 治療後 >

img

歯の白い被せ物の中で、より自然に見えるのがセラミック(陶器製)を使ったオールセラミッククラウンと呼ばれる被せ物(差し歯)です。

上記載写真はオールセラミックスクラウンによって、神経がない状態の歯による歯牙変色を治療した症例です。

セラミックスインレー

< 治療前 >

img

< 治療後 >

img

セラミックインレーとは、セラミック(陶器・焼き物)で出来た詰め物(インレー)です。

ホワイトニング

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。当医院ではその両方を併用した方法をお勧めしております。

当院採用のホワイトニングシステム

ポリリンプラチナホワイトニング
ポリリンホワイトニングは、あらゆる生物の体内にもともと存在している生体成分である分割ポリリン酸を使用した、安全で非常に高い効果が期待されるホワイトニング方法です。 歯にダメージを与えない施術方法と、ポリリンコーティングによる幅広い効果効能は、歯科業界の注目を集めています。

こんな方にすすめ♪
ポリリンプラチナホワイトニング

ポリリン酸Naのホワイトニングの流れ
ホワイトニングに優れた効果を発揮する「短鎖分割ポリリン酸Na」は、

歯の表面に付着したステイン(茶シブやたばこのヤニなど)に近づくと

汚れを浮かせて剥がし

表面をキレイにすると同時に、

歯の表面をコーティングすることにより歯質を強化・ステインの再付着を防止する働きをもちます。
ポリリンプラチナホワイトニング

ポリリンプラチナホワイトニングの特徴


従来のホワイトニング
ポリリンホワイトニング
白さ
薬液によって着色するので透明感のない白さになります。
プラチナナノコロイドの効果でキラキラ輝く自然な白さになります。
痛み
知覚過敏になることもあります。痛みを感じやすい。
痛みを感じることは非常に少ないです。
色戻り
歯をコーティングしていないので施術直後は特に着色しやすいです。
分割ポリリン酸が歯をコーティングし汚れも付きづらくなり透明感のある白さが長持ちします。
保護力
ホワイトニング剤を歯の表面に塗り色素を分解します。歯にダメージが残ります。
ポリリンコーティングにより、歯を傷つけにくく、歯の表面もコーティングされ歯質が強化されます。
お食事
カレー・コーヒー・ワインなど施術直後は特に食事制限があります。
施術直後でもまったく食事制限は必要ありません。
施術時間
次回まで2〜3週間の期間が必要です。
1日何回でも大丈夫。

ホワイトニング症例


<治療前>

ホワイトニング 審美歯科

<治療後>

ホワイトニング 審美歯科
術後はホワイトニングの効果を確認します。

<治療後 1年>

ホワイトニング 審美歯科

しっかりと普段のお手入れをしていただくことでホワイトニングの効果を維持していただけます。


矯正歯科

歯並びを治すことで、歯の健康と美しさは大きく向上します。小矯正とも呼ばれる部分矯正(MTM)や、いわゆる矯正器具を装着して全顎的に行う全顎矯正等、個々の状態に合わせた治療計画をご説明致します。

子供の矯正


お子様の矯正治療は見た目が良くなることが最大のメリットはだと思ってる方も多いのではないでしょうか?

確かに見た目の面も大きいですが、他にも重要な事はたくさんあります。例えば、歯並びが悪いと下記のような障害が起こる可能性が高くなります。

・むし歯になりやすい
・歯周病の進行が早い
・発音へ影響を与える
・噛む機能に影響を与える
・顎の成長に影響を与える
・あごの関節に障害を引き起こす恐れがある
・歯並びが悪いと、スポーツなどにおいて力の加わり方に影響がある
・心理的な影響を与える

以上の障害を改善、予防するためにも当院では小児矯正をおすすめしております。

また、小さいお子様には虫歯予防のためにフッ素塗布もおすすめしております。

→フッ素塗布についてはこちら


トップページへ戻る

(C) かんざき歯科医院 All rights Reserved.