インプラント治療


当院では安全のためCT撮影による診断と口腔外科認定医による手術を行っております。

インプラントとは?

インプラント治療とは、失った自分の歯の代わりに人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着させる治療方法です。

インプラントのメリット

分の歯と同じ構造

インプラントは自分の歯と同様に、インプラント体(人工歯根)を骨の中に埋め込み、それを支えにして頭の部分(上部構造)を作りますので、骨の支えにより機能している自分の歯と同じような構造になります。そのことにより、自分の歯とほぼ同等の噛む力を再現することができます。 

固定式の美しい歯造

取り外し式の入れ歯とは違い、骨の支えによる固定式の歯ができますので、入れ歯のように食事中に外れてしまう心配がありません。

また、入れ歯のような装着感の悪さ、煩わしさがありません。周りの歯に合わせた色調で歯(上部構造)を作っていきますので、外見からはまず作り物の歯だとは分かりません。

周囲の歯を削らない

インプラント治療の場合、失ってしまった部分の骨のみの支えで歯を作っていきますので、周囲の歯を削らずにすみます。


インプラント治療の流れ


Step 口腔内診断
事前にしっかりと歯周病・虫歯の治療を行ったうえで、万全の状態でインプラント治療を行います。

次へ

Step CT撮影・検査

CT撮影(断層撮影)はからだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来るようにする装置です。断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、位置などを正確に確認することが出来ます。

次へ

Step カウンセリング

診断結果をもとに、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。

次へ

Step インプラント埋入手術

フィクスチャーと呼ばれる歯根にあたる部分を埋め込みます。
上顎の場合は5~6か月、下顎の場合は2~3か月経過後に2次手術等を行います。
※骨の状態等によっては期間が短縮される場合もあります。

次へ

Step 二次手術

フィクスチャーと骨がしっかり結合されたら人工歯とフィクスチャーを連結させる部分(アパットメント)を取り付けます。二次手術後3~4週間経過後上部構造の型をとります。
※一回法の場合は行いません。

次へ

Step インプラントの型取り

インプラントの型をとります。同時にセラミック人工歯の色を決め、人工歯を作成します。

次へ

Step 上部構造のセット

完成した人口歯を接合し、かみ合わせの調整等を行います。

次へ

Step メインテナンス

インプラントは感染しますと抜けてしまいますので、埋入後は定期的なメンテナンスで歯垢、プラークを落とし、口腔内を清潔に保つことが重要です。
一般的には、4ヶ月に1回程度の間隔でメインテナンスを行います。メンテナンスはクリーニングですので、痛みはありません。また、毎日の歯みがきなど日々のメンテナンスを怠ると、永久的なインプラントの寿命を短くさせてしまうことになります

トップページへ戻る

(C) かんざき歯科医院 All rights Reserved.